摂食障害専門カウンセリングルーム あや相談室

Home > 今月のひとこと > 1月のひとこと

1月のひとこと

🎍新年明けましておめでとうございます🎍
本年もどうぞよろしくお願いします。

皆さんは初夢を見ましたか?
私はスマホが水没する夢を見ました💦

今年のお正月は、コロナ禍を理由にしてぐうたらしている自分や家族を「ま、いっか~☺」と思える自分に痛く感動しております✨
*ここでの「ぐうたら」とは「自分の好きなようにぐうたらしている」ってことです♡他人に合わせてぐうたらしていると病みます💧

私は読書、私以外の家族は1日中ゲームをしています🎮
今、ずっと読みたいと思っていた『ウツ婚!!~死にたい私が生き延びるための婚活~/石田 月美(著)』を読み終えたところです。

著者の月美さんは、「この本は『ビョーキのまま生き延びるための道具』です。本の中にはビョーキが治る方法など1つも書いていません」と言っていますが、実はビョーキが治る方法がびっしり書かれています。
こういう本に出会うと、「この人、すごいなー✨」と感心した後、「私なんて要らないじゃん…」とちょっぴりいじけます(笑)

同じように感心した後にいじけながらブログで紹介した漫画があります。『僕が僕であるためのパラダイムシフト/EMI(著)』です。漫画なのですが一読では理解するのが難しくて何度も読み返しました。

この2冊の表紙を見比べるだけでも分かりますが、月美さんとEMIさんはウツはウツでも、タイプ(性質と性格)が全然違います。
『ウツ婚!!』はノンストップでパワフルな明るさがありますが、『僕が僕で~』は静かに淡々と、時々立ち止まって過去を振り返って自身を見つめ直していく感じです。
人によって好みが分かれると思いますが、対照的なお二人が書いたどちらの本も伝えたいことは同じだったりします。なので、2冊続けて読んでみると面白いんじゃないかなと思います。
ただ、どちらも情報量が半端なくて一気に読もうと脳が疲れるので、休み休み読んだり、辛くなってきたら途中でポイっとしちゃいましょう☺

さて、話を戻して『ウツ婚!!』の紹介の続きです。
この本の前半は月美さんが結婚に至るまでの爆笑の実話。後半は生き延びるためのHOWTOがわかりやすく書かれてます。この後半のHOWTO編が素晴らしい💮
結婚相手を見つけるためには(=自分を大切にするためには)何をどうしたらいいかが事細かに書かれています。

このHOWTO編の中で、ダイエットは、自分の身体とばかり向き合い続け孤立する作業です。食事制限のために人との食事を断ったり、しなくてもいい運動をしたり買わなくてもいいサプリを買ったり、大事な「人間関係と時間とお金」を削ってしまいます。摂食障害になるかもしれません…とありました。

私も、摂食障害は「人間関係と時間とお金」に疲れ切ってしまった人がなる病気だと思います。
人間関係に疲れてしまったから「ひとりになりたい」のです。でもひとりになると淋しくなる💧本当は「ひとりになりたい」のではなく、「マイペースでいたい」だけだから。でも、その本音に気づいていない。或いは気づいていてもどうしたらいいかが分からなくて、そのモヤモヤをごまかしたくてダイエットや過食に走ってします。なぜならダイエットも過食も「ひとり」になれるから。摂食障害者はダイエットも過食も決してみんなと一緒にやったりはしません。

摂食障害になる人は、実は自分をしっかり持っています。本当は自分のペースでいろいろやりたいんです。でも、その「本当は…」が誰にも言えないのです。自己主張がすごく苦手だからです。
本音や弱音を言ったら嫌われる!迷惑をかける!怒られる!と思っているからです。その不安の裏には、「自分の問題に他人を巻き込んではいけない!」という非合理的ビリーフ(信念)があります。その思い込みのせいで、いろんな人に迷惑をかけていたりもするんですけどね…💦
*今更その信念を抱いた原因を追究したところでどうしようもないのですが、おそらく身近にいる「大人の不安」の責任をひとりで背負い込んでしまったからだと思います。

本当は「マイペースでやっていきたい」のに「自己主張ができない(本音や弱音が言えない)」というジレンマがあるため、他者と関わる時間が長くなれば長くなるほどイライラ(ストレス)やモヤモヤ(フラストレーション)が増していきます。毎日がこんな調子だと被害妄想も高まり、自分のことをダメな人間だとしか思えなくなっていきます💧そして、自分のことが大嫌いになります。

そんな自分のことを他人も嫌うはずだ!という歪んだ思い込みが生じて、余計に自分の本音や弱音が言えなくなります。
他人に嫌われることを恐れ、言いたいことが何1つ言えず、愛想笑いを続けた結果、負の感情が体の内側にどんどん溜まっていき、いずれは(すべてを破壊して)自滅したい衝動が抑えきれなくなり爆発します🔥

そして「この気持ちは誰にも分ってもらえない…」という思いを募らせてどんどん自分を孤立させていきます。その気持ちを誰にも見せていないし言っていないにも関わらずです💦
ならば!!と意を決して勢いに任せて、友達や会社の人に心の内をすべて打ち明けてしまうと、かなりの確率で引かれてしまいます💦そして、「やっぱり誰にも分かってもらえない…」となる。

ジレンマを抱える人の発する言葉を冷静に読み解いてくれる相手は、利害関係のないプロ。いわゆる「お金を払って会う専門家」です。髪の毛にパーマをかけるときに美容院に行くのと同じことです。
まずは、医師やカウンセラーを利用して、マイペース+自己主張ができるようになっていってほしいと思います。自分の味方になってくれる人、同感や共感をしてくれる人がいると安心できて、不安もイライラもモヤモヤも消えていきますよ彡

『ウツ婚!!』の中でたくさん出てくる月美さんの「私たちはうんたらかんたら…」は、本当に「私たち」に当てはまることばかりです。なので、この本を読んだだけでも、「私だけじゃないんだ!と思えて安心するし、淋しさも緩和されるんじゃないかなと思います☺

もしかしたら、「私は月美さんみたいに美人じゃないし積極的じゃないし、月美さんにはなれないよ💧」と思ってしまう人もいるかもしれません。
でも、私も月美さんにはなれないです。なれないですが、月美さんが言いたいことはよく分かります。それだけで安心できると思います☺

『ウツ婚!!』は結婚したい人もそうじゃない人もビョーキじゃない人にもオススメの本です。ビョーキの我が子のことが理解したい親御さんにもお勧めしたいです。
ついでに、「お金を払って会う専門家」としては私をお勧めしたいです♡

今年も皆さまといろんなお話ができることを愉しみにしております。
どうぞよろしくお願いします☘

おまけ♥
『ウツ婚!!』を参考にしつつ、結婚できる女性の特徴をまとめると、
ポジティブ(なふり)、愛嬌、清潔感、睡眠、伝えること・伝えないことの分別、もてなすよりNOと言える勇気、小言を言ってくる親を安心させるべし、体目的の男には気をつけろetc…とこんな感じでしょうか。
どれもこれも結婚するしないに関係なく、自分を大切にするために、そして相手から大切にしてもらうために必要なことだと思います。だからこそ、これらを持続させるための強い目的(例えば婚活)を見つけましょう♪…ってコトです☺

令和3年1月4日
摂食障害カウンセリング あや相談室主宰
摂食障害カウンセラー 長谷川あや

«
»
ページの上に戻る