摂食障害専門カウンセリングルーム あや相談室

Home > 今月のひとこと > 5月のひとこと

5月のひとこと

●自分のペースで過ごす「休日」
GWを海外で過ごす人や、レジャーを楽しむ人をテレビで見ると、休日を有意義に過ごされていて羨ましく思います。ところが、いざ自分も休日を有意義に過ごそうとするとうまくいきません(苦笑) 

私は休日を有意義に過ごすことが苦手なようです。私の休日の過ごし方は、出掛けたとしても近場。夕方前には帰宅して、ゆっくり家事が出来るような地味でシンプルなプランが合っているんだと思います。

人に合わせるのが苦手な私にとって、人との関わりの多いGWや年末年始は不安や負担が多くなり、はっきり言って苦痛でした。
子どもや両親の喜ぶ顔を見るのは嬉しかったし、楽しいと思うことももちろんありましたが、過食が酷くなってしまうので参りました。「あの頃の自分は、自分に合わないことを必死で頑張っていたんだなー」って思います。

子どもたちも大きくなり、最近は1人でor主人と2人で過ごす時間が増えました。そこで、「今年のGWはのんびり過ごすぞ!」と心に決めました。何の予定も入れていません♡こんなGWは生まれて初めてかもしれません。なんだかすごく嬉しいです(笑)
「のんびり」という言葉には、多少の罪悪感や時間の無駄を感じますが、誰に迷惑をかけるわけじゃないし、堂々と自分のペースでのんびり過ごしてみたいです♪

●不規則な生活はNG
休日を自分のペースで過ごすにしても、生活リズムは崩さないように心掛けています。起床時間や就寝時間が乱れれば、食事の時間も乱れます。そうなると体内時間も乱れ、自律神経のバランスが崩れて心身の不調を招きやすくなります。これが、GW明けのだるさにつながっていきます。そこで、そうならないために、皆さまにも連休中下記の3つのことを守って欲しいと思います。

1)せっかくの休日だからと予定を詰め込みすぎると、楽しくても疲れはたまっていきます。疲労の回復には「睡眠」しかありません。疲れを取るためには、楽しい予定と同時に睡眠の時間もしっかり確保してください。とはいえ、

2)生活リズムは乱さぬよう、朝は平日の起床時間+2時間以内の起床を心掛けましょう。朝の日光浴は心を安定させます。これを浴びずに寝ているのはもったいないですよ~。ゴロゴロしていたいならば、せめてカーテンは開けておきましょう。

3)天気の悪い日は気圧の関係で酸素量が減り、疲れを感じやすく回復もしにくいものです。そんな時はインドアで楽しめることをするのもいいですね♪

連休が明け、だるい、眠い、やる気がでない・・・は多かれ少なかれ誰もが思うことです。但し、そんな自分を責めたり、ダメな奴だと落ち込んでしまう方は、なるべく早めにカウンセリングにいらしてほしいです。
話すことで気持ちを放ち(自由にする)、無用な自責の念を減らし、心身の疲労の回復を早めることができます。

●自分の機嫌は自分でとるために
お笑い芸人のみやぞんさんが、辛い状況の中で自分に対して、「自分の機嫌は自分でとる。他人にとってもらおうとしない」と笑いながら言っているのを見て、その通りだなと思いました。
「自分の機嫌を自分でとる」って大人として当たり前のことのように思えますが、当たり前のことが当たり前にできる人って案外少ないんですよね。いつも笑顔のみやぞんさん、見ているだけでこちらも笑顔になってしまいます(笑)本当にステキな方だなって思いました。

皆さんは「当たり前」の反対の言葉をご存じですか?
「当たり前」の反対は「ありがとう」です。「できて当たり前!」「やってもらって当たり前!」と思っていたら感謝する気持ちにはなれません。「頑張ること」も「無理すること」も決して当たり前のことではありません。どんな時も条件なしに自分や他人に心から「ありがとう」と言える人、自分や他人にちゃんと感謝できる人が、自分の機嫌を自分でとれる人だと思います♪

最後に、自分の機嫌をとるために、カウンセリングを利用してくださる皆さま方も本当にステキだなーって思います!!そんな皆さまに心から感謝しております。ありがとうございます❤

今月も皆さまといろんなお話ができるのを愉しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

2018年5月1日
摂食障害カウンセリング あや相談室主宰
摂食障害カウンセラー 長谷川あや

«
ページの上に戻る