あや相談室 家族の掲示板
家族の掲示板は2004年3月10日を持ちましてクローズさせて頂きましたが、書き込んでいただいた内容は、皆さんの参考になるものと思い、閲覧できるようにしました。
※投稿及びレスはできませんので、ご了承下さい。

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ あや相談室HOME  
92 / 139 ツリー ←次へ | 前へ→

娘の前進 JUN 03/5/22(木) 0:14

   Re:娘の前進 ぴーち 03/5/22(木) 9:19
   Re:娘の前進 ぴーち 03/5/22(木) 9:23
   Re:娘の前進 あや 03/5/22(木) 10:09
   Re:娘の前進 みき 03/5/22(木) 15:21

Re:娘の前進
 ぴーち  - 03/5/22(木) 9:19 -

引用なし
パスワード
   ▼JUNさん:

私もJUNさんと同じ事を感じています。
娘は中3で拒食になり、冬に過食になり、高校は一年休学して、今年四月から
入学式を経て通っています。毎日、娘の輝いている姿を見ては幸せを感じ
ています。
わたしも 、過去のことをなにかの拍子に思い出すこともあり
ます。どうなるのかな?どうするのかな?と内心はらはらものですが
今のところなんとか解決しているようです。
先のことをつい心配してしまう私ですが、とにかく今はハッピーです。

あやさん、
五月のパティオに参加して、経過と現状をお話したかったのですが、都合が
つきませんでした。去年の今頃は私があやさんのカウンセリングを受けて
泣いていました。このホームページに出会えたこと、あやさんに感謝の気持ち
でいっぱいです。あやさん、ありがとうございました。娘の克服のきっかけは
両親のけんかだそうです。こんな親、もう頼れないと思ったそうです。(今度
お会いしたときにお話ししますが。)親としては情けないのですが、きっかけに
なったのならそれはそれでよかったです。パティオで再開した友人とも連絡を
とっています。世の中は本当に狭いです。

Re:娘の前進
 ぴーち  - 03/5/22(木) 9:23 -

引用なし
パスワード
   ▼再会でした。失礼しました。

Re:娘の前進
 あや  - 03/5/22(木) 10:09 -

引用なし
パスワード
   ぴーちさん、お久しぶりです。
近況報告ありがとうございました!

どんな理由があるにせよ、お嬢さんが自分から「もう親から離れよう!」と
思えたのは素晴らしいこと。立派な親離れです。

子供は誰でも大人に(親に)甘えたり反発したりしながら成長していきます。
このように「依存」的な行動と「自立」的な行動を繰り返していくことで
自分の道を見いだそうとしているのです。

「依存」はとても楽ですが不自由です。
「自立」はとても辛いものですが自由です。

子供はこの間を行ったり来たり、さまよいながらいろんなことを
体で感じ、少しずつ少しずつ自立への道を選択していきます。
これは摂食障害を克服していく過程と重なります。

子供にとって自立は決して楽なことではありません。
でも自分のしたいことを自分の責任でやってみて
得られる充実感や達成感はとても気持ちが良いものです。
自分を肯定できる、好きになれる瞬間でもあります。
お嬢さんは今、これを大いに肌で感じているのでしょう♪。

でもこれからも(摂食障害に関係あってもなくても)ご両親に
甘えたり、反発することは何度もあると思います。
でもこれは「普通」のこと。
誰でもこの繰り返しの中で自立していくのですから。
これからも長い目でお嬢さんを温かく見守り続けてほしいと
思います。

またPATIOにもいらしてください。私もお会いし、
もっと詳しくお話お聞きしたいです(^-^)。その日を楽しみにしております。

Re:娘の前進
 みき  - 03/5/22(木) 15:21 -

引用なし
パスワード
   ぴーちさん、JUNさん、こんにちは。

>わたしも 、過去のことをなにかの拍子に思い出すこともあり
>ます。どうなるのかな?どうするのかな?と内心はらはらものですが
>今のところなんとか解決しているようです。
>先のことをつい心配してしまう私ですが、とにかく今はハッピーです。

私もよく過去のことを思い出します。あの頃の気持ちって
「とにかく生きてて!」という祈るような気持ちでした。
「見守る」なんて出来ないと思っていました。「私が妹を
助けてあげなきゃ!」って焦っていました。

わたしもぴーちさんと同じで先のことを心配しがちです。
でも、それもがんばって(苦笑)徐々に卒業しています。
妹は今でもやっぱり悩んだり苦しんだりしていると思うのですが
すべてを妹に任せようと思います。どんなことをしてあげても
その解決を出来るのは私じゃないから。妹を(妹の力を)信じる
ことが出来なかった昔の自分は愚かだったなあと思います。
今は、ただただ妹のこころが成長していくのを「おお!すごいぞ!」
と驚いたり、たまには「こう考えたらいいのに〜」ともどかしく
思ったりしながら見守っています。

なにをもって「治った」とか「回復した」とか言うのか私にも
分からないけど私はもう欲張るのをやめました。「あの頃より
ずっと幸せだからこのくらいでいいや!」っていつも思うように
してます。そう思うことって意外に精神衛生上いいみたいなので。

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ あや相談室HOME  
92 / 139 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
108074
(SS)C-BOARD v3.3.10 is Free.